google-site-verification: google1a793da1c3799a22.html
やさしい税務会計ニュース
やさしい税務会計ニュース
文書作成日:2019/10/29
今年の年末調整で気をつけるべき点は?

[相談]

 令和元年分の年末調整を行うにあたり、気をつけるべき点を教えてください。


[回答]

 令和元年分の年末調整については、改元関連程度の違いがあるのみで、大きな変更はありません。

 ただし、令和元年分の年末調整を行う際に、令和2年分の扶養控除等申告書を配付し回収する場合には、令和2年分からの所得税改正の影響がありますので、ご注意ください。

 具体的には、次の者の判定における所得金額(見積額)の上限が、10万円ずつ引上げられています。

  1. 源泉控除対象配偶者…85万円以下→95万円以下
  2. 源泉対象扶養親族、同一生計配偶者…38万円以下→48万円以下
  3. 勤労学生…65万円以下→75万円以下

 これは、基礎控除額の改正に絡んだものです。
 ただし、給与所得控除(公的年金等控除)の改正もあるため、収入が給与のみあるいは公的年金のみであれば、年収ベースで見たときにはこれまでと変更はありません。

 他方、源泉控除対象配偶者に係る申告者本人の所得金額要件(900万円以下)、寡婦(寡夫)の所得金額要件(500万円以下)については、変更がありません。そのため年収ベースで見たときには、給与所得控除の改正の影響により、上限がこれまでと異なりますのでご留意ください。

 上記の他、住民税に関する事項として「単身児童扶養者」の記載欄が新設されています。


 なお、これらは、国税庁から公表されている「令和元年分 年末調整のしかた」に詳しく掲載されています。こちらをご参考ください。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
お問合せ
中越会計事務所
〒790-0814
愛媛県松山市味酒町
1丁目9番地5
アーバン大手町211号
TEL:089-998-6440
FAX:089-998-6441